DAZN(ダゾーン)評判【早わかり版】

DAZN(ダゾーン)評判ダゾーンを実際使ってみて思う事を書いています(ずっとダゾーンをDAZONEと思って間違っていました)。

DAZN(ダゾーン)評判

DAZN無料お試しはこちらDAZN(ダゾーン)評判

DAZNダゾーン評判

DAZN(ダゾーン)とは?

DAZNダゾーン)は、テレビのCMでも有名の月額定額、スポーツ専門の同時配信ービス、VOD(見逃し配信なら、期間内であればいつでも観れる)、サブスクです。

見逃し配信であれな、いつでもどこでも年間10,000以上のコンテンツから好きなものを選んで再生、一時停止、巻き戻しながら自分のスタイルで視聴することができます

スポーツ専門番組(チャンネル)のテレビのスカパーやWOWOWで慣れている世代には、スマホやタブレットなどで「配信」されて観る事ができる、というのは最初イメージしづらいのでは?と思います。

当方がそうでした。

今から19年前、ユーロ2000を観たくてアンテナ買って、設置してもらって、WOWOW契約して・・・日韓ワールドカップの後チャンピョンズリーグ観たくてスカパー契約して・・・って経験していますので、ダゾーンも大変だぞ!と思っていました。

ところがすぐでした。

メアド、パスワード設定して、クレジットカード登録して、アプリインストールして、すぐ観れます、無料お試し期間が始まります。

辞めたかったらマイアカウントから「退会する」ボタンを押すだけ、です。

とても簡単に始められ、しかも辞めやすい、スポーツVOD動画サブスク、です。

DAZN(ダゾーン)は何で観れる?

DAZNは同時に2つの端末まで観ることができて、6つの端末まで登録することが可能、3つ目の端末でDAZNにログインすると、それ以外の端末のうち、1つのライブストリーミングが停止する仕組みになっています。

DAZNダゾーン料金無料お試し

DAZN(ダゾーン)はテレビ、スマホ、タブレット、パソコン、ゲーム機などで見る事ができます。

DAZN(ダゾーン)の無料お試しは?

DAZNダゾーン)は以下のような流れで利用する事ができます。

無料の会員登録(メアド、パスワード)

クレジットカード情報の登録

一か月間無料お試し

このお試しで使い勝手や、どんなスポーツが観れるのか?など確かめる事かできます。

DAZN(ダゾーン)はどんなテレビで観れるの?

DAZNダゾーン)はPC、スマホタブレットだけではなく、インターネット(Wifi)環境にあるテレビやゲーム機器でも観る事ができます。

テレビについては最近Amazonなどが独自の番組を作ってテレビCMで見かけたりしますが、従来の一般的なテレビでは見る事ができません。

AZNの公式サイトから視聴可能なテレビを一覧でピックアップしました。

Air Stick
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
Android TV
Apple TV(第4世代・4K)
Google Chromecast
ひかりTV
LG TV
Panasonic Smart TV
DIGAブルーレイディスクレコーダー
ソニー製スマートテレビ
TOSHIBA Smart TV
ドコモテレビターミナル

DAZN(ダゾーン)の料金は?

DAZNダゾーン)の料金、月額料金は1,750円(税抜)です。

DAZN(ダゾーン)ドコモでは?

スマホをドコモで使っていて、ドコモIDを持っていれば下記の様な特典があります。

  • お試し期間が31日間
  • 月額利用料980円(税抜)
  • ドコモの携帯料金と一緒に引き落としができる

ドコモとDAZNが提携しているからで、auやソフトバンクの方はクレジットカードを登録して1,750円(税抜)・・・という事になります。

DAZN(ダゾーン)は録画できるの?

DAZNダゾーン)は録画できませんし、規約で禁止されています。

ネット上ではいろいろな録画方法があるのが見つかりますが、個人の責任でするしかありませんし、個人での楽しむ以上に公で使えば罪に問われるでしょう。

それに予約録画は技術的にも難しいようです。

その為に「見逃し配信」がありこれはどの試合や中継も約7日間はやってくれるようです。

この見逃し配信は期間があるとはいえい月額固定料金で全番組いつでもどこでも観れるVOD(ビデオオンデマンド)、という事になる。

一種のサブスクリプションサービス、という事になります。

DAZN(ダゾーン)の解約方法は?

DAZNダゾーン)は、いつでも簡単に解約できます。

マイページから「退会する」をクリックすれば解約できます。

次回課金日が常に確認できますので、とても安心感があります。

海外サッカー中継などオフシーズンの場合は解約して、又シーズンインには契約する・・・とかマイページから簡単にできるのはDAZN、とても良い、と思います。

 

サブスクでもっと素敵に。記事一覧

サブスクはビジネスモデル?

サブスクサブスクリプションは利用者側にとっては契約した期間内は定額料金で利用できるサービス(月額定額など)ですが、その一方で、サービス提供側からは「ビジネスモデル」(ビジネスの形態、商売のやり方、どうやって稼ぐのか?)として語られる場合も多いです。

  • テレビCMでもよく耳にするようになった車のサブスクリプションは車を購入しなくても月額定額で利用できる
  • お花、食事、野菜、お酒、教育教材などが隔週、毎週、毎月など定期的に送られてきて定額で払う定期便、定期コース
  • おもちゃ知育玩具、家具、レディースバックなどファッション、ギター、絵画など月額定額のレンタル
  • 音楽や動画の配信で月額定額で見放題聴き放題

これら全部「サブスク」と呼ばれるようになっていますが、サービス提供側からいいますと「商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式。契約期間中は定められた商品を自由に利用できるが期間がすぎれば利用できなくなる・・・(出典:ウィキペディア)」などの説明でビジネスモデルとして言われます。

つまり世の中いろいろなサービス、その運営者は「これ、サブスクリプションにできないのかな?」と考えている、思っています。

こうしてサブスクの分野がどんどん広がってきていますので、各社のサービスを比較しながらどれを利用するのか決める事が必要になってきますね。

各分野別サブスク

各分野別にサブスクリプション各社をピックアップしました。詳細は各個別のページでまとめてありますのでそちらをご覧ください(*内容、価格は記事作成時点での情報です。ご了承くださいませ。)。

音楽サブスク
  • Spotify(スポティファイ、料金980円/1ヶ月ファミリープラン、学割プランあり、無料お試し期間3ヶ月)
  • Apple Music(料金980円/1ヶ月、学割、ファミリープランあり、無料お試し期間3ヶ月)
ドラマ、映画、アニメのサブスク
  • Hulu(フールー、料金1,026円(税込)/1ヶ月、無料お試し期間2週間)
  • Netflix(ネットフリックス、料金800円税抜から/1ヶ月、無料お試し期間なし)
  • YouTube Premium(ユーチューブ プレミアム、料金1,180円/1ヶ月、
    無料お試し期間1ヶ月間)
マンガ、小説、ビジネス書のサブスク
  • Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド、料金980円/1ヶ月、無料お試し期間30日間)
  • 角川文庫・ラノベ読み放題(料金760円/1ヶ月、無料お試し期間キャンペーンがある場合も)
車サブスク
  • 定額カルモくん、KiNTO「キント」、「SOMPOでノール(乗ーる、そんぽでのーる)」、NOREL「ノレル」など
  • 大手車メーカー、中古車販売店、大手損保など大手企業が扱っているカーリース
花サブスクブルーミーライフ、日比谷花壇花の定額制アプリ「ハナノヒ」など

サブスク音楽とアーティスト

AppleMusic、Spotify、LINEMUSIC、AmazonMusicUnlimitedなど、人気の音楽サブスクでは、聞けるアーティストと配信されておらず聞けないアーティストがあります。

アーティスト単位ではなく、アーティストが所属する事務所単位でサブスクリプションによる音楽配信をしていないケースもあります。

一方ジャニーズ事務所のように「嵐」は配信OKだが、関ジャ二やSMAPなどは配信されていない、というように事務所の中でもアーティストによって違う対応をしているところもあります。

アーティスト側、事務所側など配信する側から見れば、かなりの数の再生が予想される大物アーティスト以外は収益が見込めず、配信する場合のデメリットもある、という考え方なのでは?と思います。

サブスク解禁とは?

サブスク解禁とは「アーティストが楽曲をサブスクリプションサービスで提供する」ことを意味します。これは、CD販売やダウンロード購入だけだったアーティストが、定額制のサブスクを利用することになったの「解禁」と言う言葉が使わるようです。

おもちゃお花食事食材などの分野でサブスクリプションを始めても「解禁」と言われないのはこのような理由からのようです。

サブスク車は結局高い?

サブスクリプションカーリースなどで利用すると結局高くなる、という評判がありますが、真相はどうなのでしょうか?

購入の場合と簡単に比較してみました。

車サブスク、カーリース
  • 最初にまとまったお金が必要がなく車を利用できる
  • ランニングコスト込みの値段で月額定額になる
  • 契約年数が長くなるとトータルでは購入の方が安くなる場合もある
車の購入
  • 最初にお金がかかる
  • ランニングコストがあるのでそれを見込んでサブスクと比較すると高くなる
  • 自分のものになるので、下取りで売る事ができるの

車サブスクと食材サブスク(定期便)について

サブスクリプションサブスクは「月など一定期間定額で(基本無制限)利用できる」サービスの事ですが、月定額レンタル、月定額で毎月送られてくる定期便、定期コースなども「サブスク」と呼んでサービスが提供されています。

サブスクも昔からあるカーリースである事も多く、法人向けが中心でしたが個人向けのカーリースが増えて「車サブスク」と呼ばれます。

又新鮮無農薬野菜や健康食、高齢者向け食事、ダイエット食、アスリート向けの食事などを毎月定額定期便で送ってもらえるサービスも、食事サブスク(電子レンジなどで簡単調理のもの)、食材サブスク(毎回の献立レシピに合わせて食材が送られてくる)と呼ばれています。

サブスクリプションの分類

サブスクについて、ざっくりですが以下のように分けてまとめました。

定額使い放題タイプのサブスクリプション車サブスク(カーリース)、音楽動画漫画などの定額使い放題、等
定期便(消耗品)タイプのサブスクリプション食材サブスク、宅配食定期コース、花の定期便、お酒の定期便
定額レンタルタイプのサブスクリプションおもちゃ(知育玩具)レンタル、ファッションブランド品レンタル、楽器レンタルサブスク

サブスクVOD動画の最新記事