絵本のサブスクは毎月4冊&返却不要!

絵本のサブスクは。(返却が必要な)「絵本レンタル」ではなくて、月定額で4冊もの中古絵本が送られてきて、返却が不要な、まさにそのネーミング通り、絵本サブスクリプションです。

絵本のサブスクの口コミ評判、他社同様のサービスとの比較など簡単にまとめています。

絵本のサブスク口コミ評判400。絵本のサブスク,絵本サブスク,絵本レンタル,定額,サービス,サブスク,サブスクリプション,毎月,お届け,中古絵本,読み聞かせ,年齢,歳,ヶ月,0歳,6歳,成長,発生,固定料金,使い放題,利用,定額,定額レンタル,月額固定レンタル,アプリ,無料,商品,月額,料金

*価格内容は記事作成時点での情報です。随時更新はしておりますが、ご覧いただいた時点での最新情報は公式サイト「(詳細)はこちら」などの先でご確認いただきますよう、お手数ですがよろしくお願い申し上げます。

絵本のサブスクリプションとは?

絵本をその都度購入するのではなく、月額固定料金で決められた数の絵本が送られてくる(又は借りられる、スマホなどで「電子書籍」などで閲覧できる)サービスの事で、音楽や動画配信などと同じ、最近では車などでよく耳にするサブスクリプションです。

絵本のサブスクリプションは、以下の3つに分類できます。

絵本のサブスク絵本のサブスク」が提供している中古絵本返却不要
「紙」の絵本のサブスク(絵本定額レンタル)紙の絵本の定額レンタル、返却して新しい紙の絵本と交換
デジタル絵本のサブスク月額固定でスマホやタブレットで見れる

絵本のサブスクが人気の理由は?

絵本サブスクを提供している会社の中でも、ズバリ!の名称「絵本のサブスク」が口コミでも人気の理由を以下にまとめました。

絵本のサブスクの口コミ、人気の理由は?
  • 絵本のサブスクはお子様の成長にあわせて毎月4冊中古絵本で届けてくれる、4冊は他社と比較しても最多
  • 中古絵本といえども、汚れていたり破損していたりするもではなく、中古の度合い選別しても届けられるので安心
  • 絵本を毎回選ぶ手間がない!絵本のプロが年齢や性別に併せて厳選して届けられる
  • 返却不要:返却の手間が無いため、気軽に始められる
  • 月額2480円、中古絵本毎月4冊、紙の絵本のサブスクの中ではコスパ良し
  • 最近の絵本から懐かしの絵本までジャンルが幅広い

絵本のサブスク口コミ評判イラスト1-400。絵本のサブスク,絵本サブスク,絵本レンタル,定額,サービス,サブスク,サブスクリプション,毎月,お届け,中古絵本,読み聞かせ,年齢,歳,ヶ月,0歳,6歳,成長,発生,固定料金,使い放題,利用,定額,定額レンタル,月額固定レンタル,アプリ,無料,商品,月額,料金

絵本のサブスク、他社との比較

絵本サブスクと、他の会社のサービスとを簡単に比較してみました。

絵本のサブスクワールドライブラリーパーソナル絵本クラブこどものとも
絵本の数4冊1冊2から3冊1冊
対象年齢0から6歳1から7歳0から12歳0から6歳
平均月額料金(送料込み)2728円1300円約2800円440円
特徴中古絵本、返却不要世界の仕掛け絵本対象年齢が広い福音館出版の絵本
絵本のサブスクリプション各社それぞれに特徴がありますが、「絵本のサブスク」は【返却不要、4冊届く】が他社にはない特徴です。国内いろいろな絵本が毎月厳選されて届き、他社のように新品の絵本ではありませんが(その代わり、他社は返却が必要な「レンタル」形式です)、中古とはいえ、汚れたり大きな傷の絵本が届くことはありませんので、そこを理解して始めるのは、おすすめ、といえます。

絵本のサブスク口コミ評判イラスト2-400。絵本のサブスク,絵本サブスク,絵本レンタル,定額,サービス,サブスク,サブスクリプション,毎月,お届け,中古絵本,読み聞かせ,年齢,歳,ヶ月,0歳,6歳,成長,発生,固定料金,使い放題,利用,定額,定額レンタル,月額固定レンタル,アプリ,無料,商品,月額,料金

絵本のサブスクの利用方法は?

  • 会員登録をしてお申込み
  • 会員登録時にお子さんの性別、生年月日(年齢)を記入、これをもとにしてお子さんに合った絵本を厳選して送られてくる
  • 初回はお申し込み後1週間くらいで、そのあとは毎月20日から30日の間に送られてくる
  • お支払はクレジットカードで毎月1日に請求がある
  • 入会金は不要
  • (定期購入、サブスク)の解約は自由

絵本のサブスク、絵本の種類は?

絵本サブスクで取り扱われている絵本の種類は「物語絵本(ストーリー絵本)」です。

この物語絵本も、その他にもどんな種類の絵本があるのか?いくつかピックアップして以下にまとめてみました。

物語絵本(ストーリー絵本)

絵本のサブスク」も、そしてリアルな「紙」の絵本のほとんどが採用している絵本で、ぐりとぐらやおおきなかぶ、グリム童話、イソップ物語、日本の昔話なetcとストーリーがある絵本です。

この物語絵本は、大人が読み返すと、より深い意味があったり、学びがあったりするものも多く、「名作」と呼ばれるものも多いです。

仕掛け(しかけ)絵本

飛び出す絵本や、めくりしかけのついた絵本、穴のあいた絵本、絵本を引っ張ったりして自分の手で動かして遊べる絵本などは、仕掛けしかけ絵本)と言われます。

先の「絵本サブスクリプション各社簡単比較」でも挙げました「ワールドライブラリーパーソナル」はこの仕掛け絵本が毎月1冊届き(1300円)、一冊購入すると1500円から2000円はしますので、お安く、しかも毎月読み聞かせることができることが口コミで広がっています。

赤ちゃん絵本

赤ちゃん絵本は、0から2歳くらいまでが対象の絵本で、絵本を通して赤ちゃんとコミュニケーションをとって、親子で楽しくふれあう絵本です。

知識絵本

知識絵本は、動物や乗り物などの図鑑や絵、写真で名前を知ることができる絵本の事。子供の年齢に合わせて、時計、ものの仕組み、成り立ちetcを学べる絵本や、科学絵本など、子どもいろいろな知識を得ていくことを目的とした絵本。

絵本サブスク、電子書籍では?

先にデジタル絵本サブスクとして紹介した絵本サブスクは、電子書籍による月額固定のサービスです。

以下にいくつかピックアップしました。

なないろ絵本の国絵本を読みながら英語学習もできる、月額360円
森のえほん館最多の500冊以上が読み放題、月額360円
みいみ読み聞かせ音声の一部を吹き替えにしたり、音やイラストで作る、月額500円
電子書籍デジタル絵本サブスクは月額料金も安く、スマホのアプリなどで簡単に使える事のメリットはあります。しかし、昔ながらの紙の絵本で、自分が子供の時に親にしてもらったように、読み聞かせしてあげたいお母さん、ママさんも多いです。「絵本だけはスマホじゃなくて・・・」という方が「絵本のサブスク」の定期購入を利用されています。

福音館書店の絵本サブスクは?

福音館書店は(ふくいんかんしょてん)は、東京都文京区に本社を置く、児童書を中心とした出版社で、「福音館」と略称で言われたりします。

第2次世界大戦の戦前において、石川県金沢市のキリスト教系書店であったが、1951年「福音館小辞典文庫」シリーズが成功し、翌1952年(昭和27年)2月に福音館書店が誕生し、その8月に会社の本拠地が金沢から東京に移りました。

月刊誌「母の友」以後児童書の分野に進出、書店委託ではなく買い切り制にしたこと、紙面に他社広告を一切入れないことという二大方針を守って読者から信頼を得て、創作絵本「こどものとも」を発刊し、この絵本の第1号から第11号までが産経児童出版文化賞を受けたことで、福音館書店は児童出版社としての地位を確立しました。

福音館書店絵本サブスク「こどものとも」は先に「比較」のところで紹介しましたが、「ふくふく絵本定期便」というサービスも行っています。

  • 福音館書店の絵本のみ毎月一冊、1年間で12冊ポストに届けられる
  • 0から4歳で、年齢別に3つのコースがある
  • 年間購読一括払い:12,360円から14,560円(1回の送料150円の12か月分なども込みの価格)
  • 毎月払いもあるが、絵本の定価+送料150円なので、値段の分だけ毎月の料金が変わってくる(定額サブスクにはならない)
  • 年間で送られてくる絵本の種類を確認してから注文できる

絵本のサブスク、との比較違い

福音館書店」は、自社の絵本のみ、新品毎月1冊、送料など全部込みで月約1000円からの料金体系、です。

絵本のサブスク」は、複数の出版社の絵本、中古で毎月4冊、送料など全部込みで月2727円、一冊当たり月約700円の料金体験です。

いろいろ多くの本を、一冊当たりで安く絵本を読み聞かせたい場合には、絵本のサブスク口コミ評価も高くおすすめです。

サブスクでもっと素敵に。記事一覧

サブスクと言う言葉は?

サブスクサブスクリプションは利用者側にとっては契約した期間内は定額料金で利用できるサービス(月額定額など)ですが、その一方で、サービス提供側からは「ビジネスモデル」(ビジネスの形態、商売のやり方、どうやって稼ぐのか?)として語られる場合も多いです。

車のサブスクテレビCMでおなじみ、車を購入しなくても月額定額で利用できる、カーリース
お花、食事、野菜、お酒、教育教材、電動歯ブラシ(替え歯ブラシ)など、布団(寝具)隔週、毎週、毎月など定期的に送られてきて定額で払う定期便、定期コース
おもちゃ知育玩具、家具、レディースバックなどファッション、ギター、絵画など月額(一回)定額のレンタル
音楽や動画、マンがの配信など月額定額で見放題聴き放題

これら全部「サブスク」と呼ばれるようになっていますが、サービス提供側からいいますと「商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式。契約期間中は定められた商品を自由に利用できるが期間がすぎれば利用できなくなる・・・(出典:ウィキペディア)」などの説明でビジネスモデルとして言われます。

つまり世の中にはいろいろなサービスがあり、そのサービス提供側の中には「これ、サブスクリプションにできないのかな?」と考えて、いろいろ企画をいる会社も多いです。

同時に以前からある月額定額レンタルや月額定額の定期便定期コースなどが「サブスクリプション」という言葉(名称)を使って紹介しているケースも増えてきました。

こうしてサブスクの分野がどんどん広がってきていますので、各社のサービスを比較しながらどれを利用するのか決める事が必要になってきますね。

各分野別サブスク

各分野別にサブスクリプション各社をピックアップしました。詳細は各個別のページでまとめてありますのでそちらをご覧ください(*内容、価格は記事作成時点での情報です。ご了承くださいませ。)。

音楽サブスク
  • Spotify(スポティファイ、料金980円/1ヶ月ファミリープラン、学割プランあり、無料お試し期間3ヶ月)
  • Apple Music(料金980円/1ヶ月、学割、ファミリープランあり、無料お試し期間3ヶ月)
ドラマ、映画、アニメのサブスク
  • Hulu(フールー、料金1,026円(税込)/1ヶ月、無料お試し期間2週間)
  • Netflix(ネットフリックス、料金800円税抜から/1ヶ月、無料お試し期間なし)
  • YouTube Premium(ユーチューブ プレミアム、料金1,180円/1ヶ月、
    無料お試し期間1ヶ月間)
マンガ、小説、ビジネス書のサブスク
  • Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド、料金980円/1ヶ月、無料お試し期間30日間)
  • 角川文庫・ラノベ読み放題(料金760円/1ヶ月、無料お試し期間キャンペーンがある場合も)
車サブスク
  • 定額カルモくん、KiNTO「キント」、「SOMPOでノール(乗ーる、そんぽでのーる)」、NOREL「ノレル」など
  • 大手車メーカー、中古車販売店、大手損保など大手企業が扱っているカーリース
花サブスク花の定期便、「ブルーミーライフ」、日比谷花壇花の定額制アプリ「ハナノヒ」など
おもちゃサブスクおもちゃ、知育玩具の定期便「トイサブ」が有名、他「キッズラボラトリー」など

サブスク音楽とアーティスト

AppleMusic、Spotify、LINEMUSIC、AmazonMusicUnlimitedなど、人気の音楽サブスクでは、聞けるアーティストと配信されておらず聞けないアーティストがあります。

アーティスト単位ではなく、アーティストが所属する事務所単位でサブスクリプションによる音楽配信をしていないケースもあります。

一方ジャニーズ事務所のように「嵐」は配信OKだが、関ジャ二やSMAPなどは配信されていない、というように事務所の中でもアーティストによって違う対応をしているところもあります。

アーティスト側、事務所側など配信する側から見れば、かなりの数の再生が予想される大物アーティスト以外は収益が見込めず、配信する場合のデメリットもある、という考え方なのでは?と思います。

サブスク解禁とは?

サブスク解禁とは「アーティストが楽曲をサブスクリプションサービスで提供する」ことを意味します。これは、CD販売やダウンロード購入だけだったアーティストが、定額制のサブスクを利用することになったの「解禁」と言う言葉が使わるようです。

おもちゃお花食事食材などの分野でサブスクリプションを始めても「解禁」と言われないのはこのような理由からのようです。

サブスクリプションの分類

サブスクについて、ざっくりですが以下のように分けてまとめました。

定額使い放題タイプのサブスクリプション車サブスク(カーリース)、音楽動画漫画などの定額使い放題、家住居のサブスク等
定期便(消耗品)タイプのサブスクリプション食材サブスク、宅配食定期コース、花の定期便、お酒の定期便
定額レンタルタイプのサブスクリプションおもちゃ(知育玩具)レンタル、ファッションブランド品レンタル、楽器レンタルサブスク

新分野のサブスクリプション

  • 楽器のサブスク:楽器の定額レンタル、「スターペグミュージック」など
  • 布団、寝具のサブスク:汚れた布団は交換するだけ、クリーニングなど込みの月額料金
  • 日本酒のサブスク:厳選日本酒の頒布会、定額定期便、「SAKETAKU」など
  • 電動歯ブラシのサブスク:電動歯ブラシ本体はレンタル、消耗品など定額定期送付、「ガレイドデンタルメンバー」など
  • お菓子スイーツのサブスク:ゴディバなどが定額定期便
  • クラフトビールのサブスク:「CRAFT BEER PASSPORT(クラフトビールパスポート)」など月額2,800円(税込)キリンビールが提供する「Tap Marché(タップ・マルシェ)」のクラフトビールが、月曜から金曜まで毎日1杯無料で飲める
  • 居酒屋ドリンクのサブスク:チムニーは『はなの舞』『さかなや道場』『魚鮮水産』のうち50店舗限定、「ドリンク割引定期券」は月額550円(税込)で通常価格500円以下のドリンクがすべて199円、「飲み放題定期券」は月額3,300円(税込)で「90分飲み放題」が毎回無料